夜勤専従パートはママさんナースには難しいかな?

夜勤の仕事というと、一般的には、大変でキツい、子どもがいる場合はとても働くのは無理、
といった印象があると思います。
しかし、最近は、夜勤専従で働くママさんナースが増えている、というのが実状です。
子育てをしているママさんナースには、いろいろな生活環境があります。
残業が多く、保育園のお迎えに間に合わない為日中に働くのは無理な方、子どもとなるべく一緒に過ごしたいと思っている方、
シングルマザーの方の場合は充分な給料を稼ぐ必要があります。
中には、短時間の勤務で高収入が欲しい為に夜勤専従を希望する看護師もいます。

 

夜勤専従は、夜勤のみの仕事なので、日中はプライベートの時間を確保する事ができます。
夜勤で働けば、日中は常に子どもと一緒に過ごす事ができるというメリットがあるんです。
子どもが寝ている夜間に働いて、昼間は育児に専念する、このようなライフスタイルならば、
子育てと仕事を上手く両立できるという理由で、多くの看護師が夜勤専従を選択しています。
さらに、夜勤専従は日勤に比べると、手当が付いて給料が高いという点もメリットです。
出勤日数が少なく短期間で高収入が得られますから、とても効率のよい働き方だという事が言えます。

 

しかし、ママさんナースが夜勤専従として働く場合には、職場の育児環境を事前にチェックする必要があります。
子どもを安心して預ける事ができるという環境でなければ、夜勤専従で働く事はできません。
夜間に子どもの世話をしてくれる家族がいない場合には、24時間院内保育園が併設されている病院を選ぶ事をお勧めします。
子どもの預け先の問題さえクリアすれば、ママさんナースが夜勤専従として働く事は、決して難しい事ではありません。